10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

「想いの力」を信じて ~私は子宮頸がんステージ4b~

2014年7月子宮頸がんステージ4bの告知を受けました。でも、私は生き続ける!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【回想 2】 止まらない出血 

こんにちは ここみです。

今日は回想 2章  でざっと過去を思いだしてみます。

大きな病院へ急いで行き、診察は終わっていたにも関わらず、すぐに診てもらえました。
若い男性の先生(今後A先生と呼びます)で、
膣にガーゼを詰め込み
A先生 「止血剤入りのガーゼを入めれましたので、多分止まると思いますが、
     念の為に午後4時頃ってこれますか?」
私   「はい、来ます」
私はこれで出血が止まると思うと安堵していました。
時間通り行きました。
出血はやっぱり止まっていません。
明日も来るように言われ、行きますが、出血は止まっていません。
その次の日も行きますが、止まってません。
A先生 「縫ってみるかな、よし、縫いますね」
私   (えぇー!縫うの?)
A先生 「ちょっと、痛いと思うけど我慢してね」
私   (えー!!…あれっ、痛くない…。)
A先生 「なんでこんなに、血管がもろいんだろう」
私   (血管がもろい…。もしかして…)
カーテンの向こう側で 40代くらいの声で私のほうでちょっと止まり、
40代先生 「これって腫瘍じゃないか?」
私   (がん…なんだ…)
A先生 「子宮頚がん 検診しますね、MRIも撮りましょう。
     早いほうがいいので、○日に来てください」
私   (だから、血も止まらないし、痛くなかったんだ…)


正式な告知の前に告知を受けた瞬間でした。



ブログ村参加させてもらってます^^
クリックお願いします♪


にほんブログ村



にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 告知

cm 0   tb --   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

最新コメント

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。